第61話 痩身装置

【ノン】
ねぇ、ニェット。あそこに置いてある機械、なぁに?

【ニェット】
なんだろう?
僕にもわからないな。

【ニェット】
アーチャ、あの機械なに?

【イエス】
あぁ、アレ?
M.H.が使ってる超音波で脂肪燃焼させるっていうダイエット用の機械だよ。

【ノン】
へぇ、そんなのあるんだ。

【ノン】
あんなの使って痩せるならラクだよねぇ。

【ニェット】
僕、ちょっと試してみようかな。



次の日

【イエス】
あれ?弟、お前すこし顔が細くなったんじゃないか?

【ニェット】
え、ほんと?

【イエス】
ねぇ、ノンちゃん。
ニェットの頬のあたり、少し細くなったと思わない?

【ニェット】
どう?
ホントに細くなった?

【ノン】
にょ?!



【イエス】
いやぁ、ニェット。
それでこそスタヴォローギン家の次男だ!

【ニェット】
よかったぁ、僕だけ顔が大きいなんてイヤだもん。

【ノン】
・・・・・・・・・



試そう、と思うノンです。<セシル>
::::::おまけ::::::
第60話へ戻る :: 第62話へ進む







Since 2002.12.19 - 2018.04.20
Crya All Rights Reserved. Do not copy all contents what photographs and everything.
Unauthorized duplication is a violation of applicable laws.
SuperDollfie is copy right of Volks company.